目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > アドレス > 誤解され易い基本 1 スクエアな向きについて 改訂版

2017.10.08

誤解され易い基本 1 スクエアな向きについて 改訂版

2017-10-02_17h04_44

スポンサードリンク

1 スクエアな向きについて 1-1 改訂版

ゴルフをやっていると色々な理論とか、色々な人からの様々なアドバイスとか、それこそ色々な言葉で色々な事を言われますよね。ゴルフの雑誌だけとっても一体何種類あるのか多すぎて判りません。

それでも、様々なゴルフ理論とか考え方の基本と言われているものが幾つかあると思います。

広く一般的にいわれているこのような理論やアドバイス、広く言われている為にあまり深く考えないで「そういうものか」と安易に信じてしまい、本来の意味と微妙に異なったり、ズレてしまったりした「誤解され易い基本」となっているものが数多くあるようです。

フェイスの向きが悪くてボールが左右に行ってしまった!?

今日はそういった事の中から、ヘッド軌道とフェイスの向きについてお話ししたいと思います。練習場やコースで良く言われる事の一つに打ち出したボールが右に行ったり左に行ったりした場合、「今のはフェイスが開いて当たったから右に行ってしまった」とか、「今のはフェイスが被ってしまって左に行っちゃった」とか言われたり、或は自分でもそう思ったりしていませんか?。

ここでちょっと立ち止まってみましょう。

本当にフェイスが開いていたの(被っていたの)でしょうか?他に原因は考えられないのでしょうか?

続きは次回へ

ページの先頭へ戻る