目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > アドレス > 誤解されやすい基本 5 斜面でのショット 改訂版 6-1 2つの説がある???

2018.02.03

誤解されやすい基本 5 斜面でのショット 改訂版 6-1 2つの説がある???

2014-02-11_00h05_17

スポンサードリンク

2通りの斜面でのショット解説・・・

斜面でのショット」については、それこそ多くのレッスン書や雑誌に解説が巷に溢れていますよね。それだけ「どうすれば良いのか判らない」人が多いという事でしょう。

しかも斜面に対する考え方が異なるため様々な理論、解説があって余計に判りにくくなっているのではないかと思われます。

対処方法は大きく分けて2つの説があるようですので、どちらを選択するのかは各自にお任せ致します。私も判断に迷いがあり、「こっちが正解!」という明確な物が今の時点でありません。ですので、基本として理解しておくべき、外せない理論・理屈について記載してみます。

多くの誤解があると思いますので、理論・理屈を良〜く理解して頂ければと思います。

注意すべき点としては?

斜面のショット」の際に注意すべき点は、以下の点だと思われます。これをA:上がりのグループ(つま先上がり・左足上がり)、B:下がりのグループ(爪先下り・左足下がり)に分けてスイング方法を変える必要があります。

1.クラブを持つ位置、2.スタンスの向き、3.スタンスの幅、4.体重配分、5.ボールの位置、6.スイングの振り幅、これらの基本的な考え方について説明します。

長くなりましたので、次回以降上記1~6迄について解説いたします。

ページの先頭へ戻る