目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > アドレス > 誤解されやすい基本 9-1 インパクトはアドレスの再現!? 改訂版

2018.06.09

誤解されやすい基本 9-1 インパクトはアドレスの再現!? 改訂版

2014-07-20_10h47_21

スポンサードリンク

「ボールをよく見ろ!」・「インパクトはアドレスの再現」!?

練習場で練習をしていると良く聞こえてくる「ボールを良く見ろ!」とか、「インパクトの瞬間にボールを見なさい」という言葉・・・・、あるいは、「インパクトはアドレスの再現なんだから!」皆さんも一度は言われた経験があるのではありませんか?。

まず、「ボールを良く見ろ!」というアドバイス。

これはおそらくヘッドアップをさせない為のアドバイスだと思われますが、実際はまったく逆でインパクトの瞬間にボールを見ていたら見ていただけヘッドアップしてしまいます。

ここでも何度か記載したと思いますが、雑誌等のツアープロの人達のインパクトの瞬間の頭を残している写真・図解、あれは一連のスイングの一瞬を捉えているだけで、ツアープロたちはこの写真や図解の瞬間を意識して頭を残してボールを見ている訳ではないのです。

この写真を見た人達の中で、この写真の形ばかりが一人歩きをして行った結果だと思われます。

ボールを凝視すると体の動きが止まってしまって折角作った体の捻転差を活かす事ができず、このままクリーンにボールを捉えようとすれば、すくい打になりヘッドアップしてしまいます。

おまけに、逆C型のフィニッシュになって腰を痛めてしまいかねませんし、当然ながらボールも飛ばないという結果になってしまいます。

その方が良いという方々は別ですけれど・・・・。(笑)

ページの先頭へ戻る