目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > アドレス > 誤解されやすい基本 13-3 バンカーショットはアウトサイドインに振れ!! 改訂版

2018.09.22

誤解されやすい基本 13-3 バンカーショットはアウトサイドインに振れ!! 改訂版

3071077958_8b46410f0c_z

スポンサードリンク

バンカーショットのスタンスとフェイスの開き具合の調整

具体的にはスタンスやクラブフェイスの向きをどうすればよいのでしょうか?

スタンスの開き具合や、クラブフェイスの向きの調整の仕方について簡単に説明しておきます。

まず開き具合ですが、これは基本的に飛距離によります。遠くへ飛ばしたい場合はスタンスはあまり開きません。

またフェイスの開き具合はボールの高さの調整に使います。あごの高いバンカー等高いボールを打ちたい場合などにフェイスの開きを大きくします。また基本的にフェイスの向きは目標方向(飛球線方向)になります。

加えて「手首を返さないようにスイングする」こと、インサイドに上げてしまうとこれをやってしまいがちになりますので気をつけましょう!

もう一つ大事な点が、「開き具合を決めたらその開き具合のままグリップを握り直すこと」腕や手首で開いたままスイングするとインパクトの再現が出来ません。

具体的なバンカーショットに付いては、バンカーショットについての記事を参照していただければと思います。

バンカーショットについての解説でしたが、いかがでしたでしょうか?

皆様のスコアーアップを祈念しております。

ページの先頭へ戻る