目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > アドレス > 誤解されやすい基本 20 テイクバックでは両膝の高さを変えるな! 2-1 改訂版

2019.04.03

誤解されやすい基本 20 テイクバックでは両膝の高さを変えるな! 2-1 改訂版

リサイズ 2014-07-20_10h02_00.fw

スポンサードリンク

「テイクバックでは両膝の高さをかえるな!」

これも初心者への指導でよ~く言われている言葉ではないでしょうか?。

初心者への指導の過程で、スイングを安定させるための一つの方便とでもいいましょうか、スイングにおけるインパクトの重要性を理解してもらうきっかけの一つの言葉だと思われます。

正確に言えば間違っているのですが、「間違っている」と簡単に一言で片付けられないものでもあります。レッスンプロでも「判っている上で敢えて」この様なことをいう場合があるということですね。

同じような指導に「右膝を流すな」「右膝の角度を変えない」といったようなものがありますが、このどれもがスイングのインパクトの精度を上げるためにいわれているようです。

人間の体が機械ならばこれでも良いのですが、いかんせん人間には筋肉があり、これが上手くコントロールできたりできなかったりしますし、ましてや感性があり、尚且つ感情というなかなか制御しにくい厄介なものがついて回りますので、この様な機械的な動きは大変難しいものになってしまうわけです。

人間の体の中で「筋肉をコントロールする!」ということは、日頃普通に出来ていることだと思っていませんか?

以外にも半分以上は無意識の中でコントロールされているとのことなのです。

長くなりましたので、続きは次回以降で・・・。

ページの先頭へ戻る