目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > ダウンスイング > 54 タメを作る! 

2014.04.26

54 タメを作る! 

2014-07-25_00h16_28

スポンサードリンク

雑誌やレッスン書で大変良く見る言葉「タメを作る」あるいは、「右腰の高さまでコックを保て!」と言う指導やアドバイス。

もちろん間違いではないのですが、なかなかこの通りには行かないのが現実ではないでしょうか?
というのも、あまりにこのアドバイスのことを意識し過ぎると、インパクト前にコックを解ききることが出来ずに、手だけが先に身体の外に出てしまうインパクトになってしまいます。

そうなると、ハンドファースト(といっても悪い方の意味なのですが)になってトップやスライスが出やすくなります。つまるところ、インパクトのタイミングが遅くなっているという訳です。

これを防ぐには、ダウンスイングの早い段階から早めに腕を伸ばしていくようにして、インパクト時点で腕をしっかり伸ばした形になるようにしましょう。

所謂、切り返しのタイミングをトップオブスイングから左足への体重移動を始動の起点として、切り返しの直後から腕を伸ばすようにしながらクラブフェイスを返すようにより積極的に動かして行きます。
こうすることで右足の前にクラブヘッドが降りてきた時点で腕が伸びきり、クラブフェースがボールにスクエアーに向いている状態になります。

そうすると、「振り遅れ」という状況は起こりませんし、結果、トップやスライスにもなりません。

ページの先頭へ戻る