目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > グリップ > 2 スイングプレーンとは? 2-1(改訂版)

2017.11.16

2 スイングプレーンとは? 2-1(改訂版)

2015-09-09_15h10_54

スポンサードリンク

「スイングプレーン」を安定させるって?

皆さんも「スイングプレーン」という言葉については、良く耳にも目にもしていらっしゃる事だと思います。

最も多く耳に(目にも)するのが、「スイングプレーンを安定させる」という意味の言葉だと思います。こうすることで球筋が安定し、狙った方向にボールをコントロールする事が出来ます。・・・・・・ですが、ここで多くの人が、このスイングプレーンを安定させる ⇒ 一つにする と誤解してしまっているようなのですね。

単純にスイング軸を中心とした一枚のプレーン(回転運動)ではないのです。この点が誤解というか、あまり意識されないままになっているといった方が正確なようです。

実際は、スイングプレーンを構成している回転運動ですが、スイング軸を中心としたプレーン「肩から手首(グリップエンド)までの回転運動」と、そこから先のグリップエンドを中心とした「クラブシャフトからクラブヘッド迄の回転運動」の二つのプレーン(回転運動)の組合せから出来ているという事です。更に厳密に言うとスイングプレーンは「クラブシャフトの数だけある」というのが正確なのです。

左右の肩の位置、腕の位置・グリップの位置・ヘッドの位置とか、クラブシャフトのしなりとか、の表現で説明されてはいるので、何となく理解出来てはいるのだと思われます。

長くなりましたので、続きは次回以降ということで・・・。

ページの先頭へ戻る