目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > グリップ > 誤解されやすい基本 15-1 マン振りはするな!

2018.10.20

誤解されやすい基本 15-1 マン振りはするな!

2014-07-28_17h51_21

スポンサードリンク

マン振りは何故、いけないのか?

今回は「マン振りはするな!」についてお話ししますね。 

これも間違っているという訳ではありません。初心者(とは限りませんが)にとっては多くのミスの要因になっている事はまちがいなく、スイングが安定する迄は・・、という意味で言われている言葉だと思われます。

マン振りとは、目一杯の力で思い切り振り切る事ですが、ここ一番距離が欲しい時ってありますよね。

手前はフェアーウェイも狭くうねったアンジュレーションだけど、200y先はフェアウェイも広く平らでハザードもなし・・・。こんな状況ならどうしても「よ〜〜し、ど真ん中狙ってやる!」ってことになってしまいますよね。

極普通の反応だと思います。(欲張ってるし、「普通」ではないかもですね 笑)

私もコースデビューまもないころよくこれを言われていました。「まともに当たれば良いけど、ミスする確率の方が圧倒的に多いんだから、マン振りはやめた方が良いよ」・・・・・。

確かに言われる通りで欲をかいて力が入り過ぎ、結果大曲り、でOB!!・・・・、もしくは当たりそこねのチョロ!!(思い出すと冷や汗モノです)。といった事がとても多かったと思います。

そうなんですよ、この「力が入り過ぎ」ってのが、ミスの原因なんですよね。

この「力の入り過ぎ」をどうコントロールするのか!?続きは次回以降で・・・。

ページの先頭へ戻る