目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > インパクト > 誤解されやすい基本 7 ヘッドスピードは早い方が飛ぶ 改訂版 3-2

2018.04.14

誤解されやすい基本 7 ヘッドスピードは早い方が飛ぶ 改訂版 3-2

クラブフェイスとインパクト スピンの解説.fw

スポンサードリンク

ヘッドスピードは出ているのに、なぜか飛距離が伸びない?その原因とは?

計測では結構ヘッドスピードは早いのに・・・・?飛ばないんだよな~~???

その訳(原因)は、ゴルフボールをより遠くへしかも真直ぐに飛ばすにはインパクトの時に以下の条件がそろう必要があるのです。

1.ヘッドスピード 2.ミート率 3.ヘッドの軌道 4.フェースの向き 5.打ち込み角度(ブロー)

特にこれらのうち「1.ヘッドスピード」と「2.ミート率」は飛距離に、そして「3.ヘッド軌道」と「4.フェースの向き」は方向性に、さらに「5.打ち込み角度(ブロー)」はクラブの振り分けやボールの弾道(高さ)に関係します。

ですから、飛距離アップの為にはヘッドスピードだけではなく、ミート率(クラブのスイートスポットに当たる確率)を上げる必要があるのです。

幾らヘッドスピードが速くても、クラブの芯に当たらないと(ミート率を上げないと)飛距離は伸びないという事ですね。

言われてみれば、至極当然なのですが・・・・。

皆さん、力任せでクラブをやたらと振り回すだけではなく、クラブの芯でボールを捉えるようクラブヘッドの軌道(スイングプレーン)を意識した練習をしましょうね。

スイング軌道の安定が出来れば、クラブの芯でボールをとらえやすくなり、ミート率が上がります。

後はスイングスピードを上げていくだけです・・・。

ページの先頭へ戻る