目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > インパクト > 誤解されやすい基本 10-3 ヘッドアップするな! 改訂版

2018.07.21

誤解されやすい基本 10-3 ヘッドアップするな! 改訂版

2014-07-20_10h47_21

スポンサードリンク

ゴルフ雑誌によくあるプロのスイング写真!単純に参考にして良いの!?

※頭が綺麗に右に残ってハンドファーストの形がキチンと出来ている、よくある写真です。しかし、お断りしておきますが、これはスイングの途中であり、スイングの一瞬・一コマ(1/2000秒前後の時間です)なんですよね。

けっしてアドレス後の姿勢のまま動かないで(スイング軸を動かさないまま)いて、その場で腰を回して、テイクバックからトップまで行って、切り返しをしてダウンスイングを開始、体重移動もしないでインパクトを迎えている訳ではありませんよ。動いている途中なのです!

前回参考にしていただいた最近のレッスンから part5で説明したように、一連の動きの最中なのですね。

インパクトの瞬間は確かに「ビハンド・ザ・ボール」の形になっていて、頭は動いていないかのように見えますよね。

で、多くのこの写真を見た人が「あ〜、頭は動いていないんだ。⇒動かしちゃいけないんだ」と思い込んで(誤解して)しまったのですね。

ですが実際は、上記の動きで説明したように一連の動きの中の一瞬であり、インパクトの瞬間、頭の動きはアドレス時にほぼ戻っているため、写真に撮るとその瞬間は「頭が動いていないかのように見える」位置にきているだけなのです。

綺麗で効率の良いスイングをしようと思っているのであれば、頭はうごかしましょうね。もちろん頭だけではどうしようもありませんよ。(笑)

ということで、皆さん「頭は動かさないように」という誤解から生じた呪縛から、自分を解き放ちましょうね!。

ページの先頭へ戻る