目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > インパクト > 誤解されやすい基本 グリップの握りは「小鳥を緩く握る」ように! 4-3

2019.02.06

誤解されやすい基本 グリップの握りは「小鳥を緩く握る」ように! 4-3

2014-07-19_01h22_44

スポンサードリンク

スイング動作におけるグリップの支点をどのように定めれば良いのか?

そこで、グリップの支点をどこに定めれば良いのか?という事になるのですが・・・・・・・・。

具体的にはどうなるのかというと、まずグリップでは「指すべてを脱力させて握るのではなく」、左手の中指、薬指、小指の3本は、ある程度の力を入れてグリップしましょう。この左手の指3本部分がスイングの支点となります。

また、「ある程度の力」とは左手の中指、薬指、小指の3本だけで握ってクラブを地面と垂直になるように持ち上げ、クラブがずり落ちない程度の強さが目安です。

この「左手の3本指」がグリップの握り加減のキーポイント。左手の親指、人さし指にも力を入れて(5本の指全部で)握ると腕や肩周りの筋肉が硬直しやすくなるので注意が必要です。繰り返しますが、左手の親指・人差し指を除く3本ですよ。

もう一つの支点をつくる。

左脇がスイングのもう一つの「支点」となります。

左脇を軽くキュッと締めて構え(スイングの支点として)、スイングすることも安定したショットを放つための秘訣となります。

ダウンスイングで左脇が空いてしまうということは、右肩が下がったり腰の回転に対して腕の振りが遅れてしまったりといったことが起こっているということになります。

結果、ヘッドはグリップ位置よりも低くなり、フェースが開くためダフリやトップ、スライスが多発してしまうことになります。

ページの先頭へ戻る