目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > スイング プレーン > 3 アプローチショット 3-2(改訂版)

2017.12.02

3 アプローチショット 3-2(改訂版)

3 アプローチショット 3-2(改訂版)

スポンサードリンク

前回からの続きです!

ここで犯し易いミスは自分のイメージでスイングした場合、そのほとんどがイメージより大きくなってしまうというミスです。

スイング3(3時から9時)なのに、バックスイングで10時や11時まで上げすぎたり、フォロースイングを2時・1時まで出しすぎたりといったミスは距離感が狂ってしまいますし、そもそもの「振り幅で調整」ということが出来ません。

これは、びっくりする程そうなってしまっている事が多いですよ。試しに練習場で別の人にスイングチェック(どのスングをするか宣言して、携帯の写真又は動画を撮ってもらう)してもらうと、よ〜〜く判ります。

ですので、鏡の前でシャドースイングしながらチェックして、練習で左右対称のスイングが出来るよう、何度も繰り返して自分のものにして下さい。

それともう一つ大事なのが、フォローの各時間の所(5時・4時・3時・2時・1時)できちんと止める事がとても大切です。

これは各スイングがフルスイングの一部を再現している事になり、それぞれの再現が綺麗にできれば、フルスイングも綺麗に出来る事に繋がるからとのことでした。(ティーチングプロから)

練習場でのチェックなので、実際にコースでアプローチする際にはフィニッシュまでスイングしてくださいね。途中で止めるとあまり格好良いものではないので・・・。

ページの先頭へ戻る