目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > スイング プレーン > 誤解されやすい基本 8-6 肩を深く回せ・水平に回せ 水平の意味 改訂版

2018.06.02

誤解されやすい基本 8-6 肩を深く回せ・水平に回せ 水平の意味 改訂版

リサイズ2 2014-07-20_10h02_00.fw

スポンサードリンク

肩を水平に回す理想的な肩の回し方とは・・・、

このアドバイスをした人が言いたかったのは?、背骨の軸(前傾姿勢)に対してスクエアに肩を回す(背骨と直角に肩を回すのが、理想の肩の回し方であると言いたかったのです。

この前傾角度をキープしたまま、背骨を軸にして、背骨に対して両肩が作る軸を直角に回します。このスイングを正面から見ると、バックスイングでは左肩が下がって、右肩が上がって見えます。また、フォロースルーでは左肩が上がって、右肩が下がって見えます。肩が上下動して、良くないスイングのように思えるかもしれませんが、これが正しい肩の回し方です。

アドレスの前傾姿勢の背骨を軸に、前傾角度どおりの回転運動を行います。※

※これはこのアドバイスをした人が考えている、一枚のスイングプレーンだと思われます。

実際は背骨の外側から腕を介したクラブシャフトのグリップまでのプレーンとクラブシャフトグリップからヘッドまでのシャフトのプレーンがあり、決してスイング軸に対してスクエアではないのですが、ここでは背骨の外側のスイング軸から両肩迄の短いプレーンのこととしてで考えて下さい。肩から先の腕は引力通りの地面に垂直なプレーンです。念のため。

特にアイアン系のクラブは、クラブシャフトが短い分前傾角度が深くなって、スイングプレーン自体がかなりアップライトな縦振りのスイングになります。ドライバーはシャフトが長い分前傾角度が起きて、ややフラットに近づきます。ここの理屈が判っていれば「肩の回し方」について悩む必要はありません。

了解して頂けましたでしょうか?

ページの先頭へ戻る