目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > ゴルフ道具 > 誤解されやすい基本 パター(パッティング) 4-2 改訂版

2018.01.13

誤解されやすい基本 パター(パッティング) 4-2 改訂版

2014-07-31_18h40_46

スポンサードリンク

前回は基本的なパッティングのポイントについて記載しましたが・・・・、特に何か問題がありそうな部分は無かったような感じではありませんか?では何が誤解されているというのでしょうか?ということで、

誤解されやすいポイントとは?

前振りは無しで結論へいきます。答えは、「2.ボールの位置は目の真下に来るようセット。、5.クラブヘッドはターゲットラインに沿って真直ぐ引いて真直ぐ出す。」です。

「ええ〜〜っ!これ間違い?」って早とちりしないで下さいね。これは決して間違っているという訳ではありません。ただ、使うパターの種類によって若干修正が必要なのです。

パタークラブには様々な形があり、大きく分けると a:L字型 b:ピン型 c:マレット型 の3つに分かれます。その上に長さ・重量・バランス・形・デザイン・色・etc があります。そんな中から皆さんは、個人の好みで自分のパターを決めて使用されている事でしょう。

では、この様々なパター全部が「2.ボールの位置は目の真下にセット。」「5.クラブヘッドはターゲットラインに沿って真直ぐ引いて真直ぐ出す。」で良いのか?、というとそうではないのです。それぞれのパターの特徴を理解した上で、修正・応用しなければならない訳ですね。

ではその特徴とは?。 長くなりましたので、続きは次回ということで・・・。

ページの先頭へ戻る