目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > 本コースでのプレー > 71 飛距離は常に変わる!?・・・・・・、年2回ほどしかコースへ出ない貴方、気を付けましょうね。 其の弐

2016.01.21

71 飛距離は常に変わる!?・・・・・・、年2回ほどしかコースへ出ない貴方、気を付けましょうね。 其の弐

2014-07-30_15h42_28

スポンサードリンク

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

歳をまたいでの記事となってしまいました。

おまたせ致しました。前回の続きです。

「池ポチャの原因は何処に?」

なぜ?ショートホール・パー3、距離153yのやや打ち下ろしで、当たりも悪く無いし、風もないのに「池ポチャ」になったのでしょう?

答えは、飛距離を勘違いしていたから?? なのですね。 

「以前と左程変わらずに距離が打てている」との練習場での思い込みがあったわけです。実際は久しぶりの本コースでもあり、飛距離も確実に落ちていることを、薄々感じていたのに、深く考えずに「ついこれまでの調子で、日頃の飛距離からして7番(150yのキャリー)」と思い込んでしまったからなのですね。

半年に近いブランクがあるのにもかかわらず、「腕前は落ちていない」との全くの根拠の無い自信、思い込みが招いた結果でした。

現実は7番をきちんと当てればキャリーで140、グリーンエッジまで153y、やや打ち下ろしだとしても届かないのが当然でした。グリーン手前のラフに落ちて、手前の池へ向かって転がり落ちて・・・・、池へポチャリ・・・・。という訳です。

皆さんも、しっかり認識しておきましょうね。

このような経験ありませんか?

「自信過剰」というほどではありませんが、この思い込みというやつは実に厄介ですよね。

だって、自分で思い込んでいるわけですから、本当の自分に気付いていないのですよね。誰も注意してはくれませんし、自分自ら気付くしか方法はありません。

という訳で、たまには自分の能力について、疑いを持ってみることも必要なようです。

ページの先頭へ戻る