目からウロコ! 貴方のその常識、間違っていませんか? 要チェックかも!!

ゴルフスイングアドバイス|

ゴルフ「誤解されやすい基本」 > 練習・練習方法 > 71 飛距離は常に変わる!?・・・・・・、年2回ほどしかコースへ出ない貴方、気を付けましょうね。 其の参

2016.02.04

71 飛距離は常に変わる!?・・・・・・、年2回ほどしかコースへ出ない貴方、気を付けましょうね。 其の参

2014-07-30_15h42_28

スポンサードリンク

前回から微続きです。

長くなってしまいました。申し訳ありません。

飛距離が変わっている場合の考え方

少しだけ追加です。

特に若くはない50代・60代の人、私のように怪我とか、仕事が忙しくてゴルフどころではなかったとか、他の事情で暫く本コースでのプレイから遠ざかっている人、「”腕”は落ちてないよね」と信じたい気持ちは大変良く判りますが、ハッキリいいます。

「腕は落ちていないよね」といったその思い、それは「貴方の単なる思い込みです」(笑)

いやいや、冗談ではなく、ホントにそうなりますので、注意しましょう。

飛距離というものは、ずっと一定というわけではありませんし、筋力の低下、体調や季節、或いはクラブの性能(特に買い換えた時など)で、かなり変わって行くものです。日頃練習が出来ていないのであれば、練習の時の得意クラブの飛距離の感じで判断すべきでしょう。得意クラブの感じが判れば、前後のクラブの推測も出来ますよね。

練習不足であればあるほど、本当の自分を知ることが大切ではないでしょうか。

これは、ついつい練習での最良の結果を、自分の日頃の腕前であると勘違いしてしまう・・・。いやいや貴方のことではありませんよ。(笑)誰かさんにも通じることだと思います。リアルにTotalで見れば、平均して・・・・という視点が大切ですよ。

決して最良の結果ではない事を肝に銘じておきましょう。

もちろん日頃から週一の練習は欠かさないし、飛距離の認識に間違いはないという人は別ですよ。

歳はとりたくないですが、自然の摂理ですし、避けようがありませんので・・・、受け入れるしか無いのでしょうね。

年の瀬も押し詰まり(この記事を書いているのは12月の21日です)、ついこのようなことが浮かんでまいりました。

皆様の益々のゴルフの上達を祈っています。

ページの先頭へ戻る